幸福の科学では、3年に1度、映画を製作していますが・・・

2003年、映画館で幸福の科学の映画を見た時
その館内で30代ぐらいの女性数名が
私のほうを見て、とても意地悪そうな笑みを浮かべていて・・・ 
私は加害者光岡(タレント)から、酷い人権侵害を受けているので
彼女たちは、”何か知っている”と感じ
凍り付きそうになったことがありました。

2006年の映画の時は、まだ会員で支部からの一斉メールも来ていたので
一人で何度か、映画館に足を運びましたが
映画館には人が数えるほど、どこの映画館も十人前後程度でした。
それがセカンド・ランに、映画館へ行った時には超満員でした。
そこで3人の人と目が合いましたが、知っている人・他支部の人・・・  
みな敵意に満ちた目でした。 

人権侵害について、当時法友だと思っていた人には
何度も、何度も聞きましたが、"知らない"
"何も起きていない"、という返事が返ってくるだけでしたが
みな情報を共有していたということです。
幸福の科学は、人権侵害について明らかにして下さい。

幸福の科学内で起きていたことが
今、一般の人たちまで広がっています。   

幸福の科学内での人権侵害、
加害者は、マスコミを自由に操作出来ます。
でもなぜそんなに簡単に、加害者に煽動されてしまうのか
なぜ犯罪に流されてしまうのか、悪魔に心を売ってしまうのか
当時は、分かりませんでした。

今...加害者光岡と大川夫人は、とても似ているからだと思います。
特に今も多くの女性が、煽動されていると思いますが・・・   


日本の未来が心配です。


もう一つ、教団の映画に纏わるおかしな話です
2003年秋の映画の頃から、一昨年まで

私が布団の中で寝ることが出来たのは月に3・4回程
あとの月25日以上は、リビングの床で知らない間に眠ってしまって
朝を迎えていました

その頃はひとり暮しをしていたのですが
仕事が終わり、家に帰り、食事をしテレビなど見て過ごし
いつも眠気が襲って来たというのでもなく・・・

たとえて言うなら動物が麻酔銃で、眠らされるような感じでしょうか
もちろんその時の衝撃や痛みはありませんが

集団ストーカー被害者のブログで見かけましたが
科学力を使っての強制睡眠というものがあるようです

集団ストーカー犯罪の科学兵器についてはわかりませんが

いろいろなカルト宗教では、電磁波などいろいろな科学兵器を
集団ストーカー犯罪に使っているようなので

私が4年間・・・体験した強制睡眠と思われるものも
その一つだと思います

ネットで多くの被害者が、集団ストーカー犯罪について訴え
その手口などが明らかになって来た事もあるのかもしれませんが

集団ストーカー犯罪も人海戦から
科学兵器などを使ったものへと移って来ているようですが
そちらのほうは、ほとんどわかってないのが現状です

加害者などからの告発によって明らかになり
集団ストーカー犯罪が、解決へ向かっていくよう願っています




スポンサーサイト
2009.03.31 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aquarius33love.blog71.fc2.com/tb.php/99-d9cbadd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)