ある被害者の5月24日付けのブログです。
私は仲たがいしたので(子どものようですが)、転記への了承はもらっていません。
ここはいつもすごい情報量です。


集団ストーカーのトップに、
伝統的に麻薬の密輸、人身売買つまり奴隷貿易、武器売買を生業にしてきた
International pirates(グローバルな集団)がいる。
たぶんみんな親戚筋。

その下に人心掌握やマインド・コントロール、
奴隷化の研究してる頭だけはいい人たち、つまりサイコパス集団がいる。

この下に各国のインテリジェンス系の集団が属していて、
上のサイコパス集団から、技術や知識・情報を卸してもらっている。

この組織の下に、官僚、政治家、労働組合、メディア、マフィア、カルト、政治結社等があり、
上のインテリジェンス系の集団からコントロールされている。
これらの集団はトップの親分たちが、生業としている麻薬、奴隷、武器売買が、
スムーズに運ぶように、各地で仕事に励んでいる。

一般人が接触するのは、このメディア・カルト・政治結社・マフィアのレベルの人間。

このピラミッドを支えている一般人は労働や時間、最悪の場合命を搾取される。
そしてメディア、マフィア、カルト、政治結社等の人たちの、
「お遊び」として与えられているのが、「組織ストーカー(集団ストーカー)」。

もちろん、トップの人間たちには彼らなりの思惑があり、
特定の属性を持つ人間が狩りの対象になっているが、
直接狩りを行う加害集団のメディア、マフィア、カルト、政治結社は、
別の理由を教えられ人間狩り、つまり集団ストーカーに興じている。

欧米ではカソリックが、この日本では神道や仏教の信者、
士族の末裔が「異教徒」として魔女狩りの対象にされている。
どうやら古い伝統ある信仰を、保持している集団をぶっつぶしたいらしい。

国も社会も家庭も壊して人々を、バラバラにしたいらしい。
人の理想を信じる行為自体が、きっと彼らの商売には邪魔なんだろう。
不安や絶望、罪悪感の中で生き続けてもらわないと、
マインドコントロールや扇動が効かず儲けも出ないから。

また集団の奴隷どもの恣意で、
狩る対象が決めらたのではないかと思えるケースもあるから、
誰が被害を受けることになるのかわからない犯罪でもある。

集団ストーカーは、邪魔な勢力をつぶし、
奴隷たちに娯楽を与えられ、結束力もたかまる一石三鳥のシステムだ。

追い込み錯誤させた被害者を、そそのかして事件を起こさせることも可能。
昨今はあらかじめ事件が起きる事を知っているとおいしい思いもできるらしい。
人を人と思わない極悪非道な輩。

この加害集団は裏で麻薬や人身売買を得意とする集団に支配され、
それらの中毒患者であり、それらの奴隷であるために判断力を失っている。
被害者の周囲で直接加害行為に及んでいるのは、
この奴隷たちのそのまた奴隷。

被害者が苦しんだり、自殺する様子を見物して楽しんでいる最悪の生き物たちだ。
彼らは奴隷なんで持ち主からの指令がない限り人間狩りを止めないはず。

麻薬や人身売買を得意とする集団がつぶされれば、
この組織犯罪も同時に弱体化し収束に向かうはずだが、
今現在、取り締まる側の一部が、「ミイラ取りがミイラ」ってことで
このままだと被害者は救済されない。

だから、これらの犯罪とは関係のない常識ある一般人ひとりひとりに、
この組織犯罪の全体像を、理解してもらうことが必要。
この組織犯罪はその手口が、一般に広く知れわたることでも被害の軽減につながると思う。




スポンサーサイト
2008.05.25 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aquarius33love.blog71.fc2.com/tb.php/39-286dc437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)