http://www.cnn.co.jp/usa/AIC201006150018.html
2010.06.15 CNN
米政府は14日、世界各地の人身売買の実態を評価する報告書を発表した。報告書は毎年発行されているが、今年は初めて自国も評価の対象とした。

373ページに及ぶ報告書によると、世界では子どもを含む1230万人が、人身売買によって労働や売春を強いられている。一方、訴追に至った人身売買の例は、昨年1年間で4166件にとどまった。

報告書は、人身売買の被害者保護を目指す2000年の米国内法を基準に、各国の実態をランク付けしている。米国は最高ランクの28カ国に入ったものの、「(米国は)強制労働や売春を強いられている男女や子どもたちの出身地、通過地、目的地だ」と指摘されている。

報告書ではさらに、ケニア、フィリピン、アルバニア、タイや米国など、十数カ国の被害者による体験談が紹介されている。

クリントン米国務長官は同日の会見で米国内の現状に言及し、外国人労働者が雇用主から虐待を受けるケース、借金を返せなくなった米国人が労働や売春を強いられるケースなどがあると述べた。国務省は、人身売買が麻薬や武器密輸と並び、「もうかる犯罪」となっていることに懸念を示している。



主に貧しい国、紛争がある国の子どもたちが多いと思います
人身売買にあう、その人生を想像できるでしょうか?
一人として、そんな人生は・・・

1230万人、東京都の人口ぐらい被害者がいます
こんなにたくさんの人たちがいるということは
人を搾取する犯罪組織があり、犯罪ルートや手口があり

奴隷制度は、終わっていなかった・・・
ずっと裏で続いていて、現在に至っているのだと思います
http://aquarius-love-33.at.webry.info/201006/article_10.html

ずっとタブーになっていた
なぜタブーになっていたかというと
その裏の組織が、世界を牛耳っているからだと思います
http://aquarius-love-33.at.webry.info/200805/article_8.html

その組織は、集団ストーカーの大本でもあると・・・
だからこの集団ストーカー犯罪に加わっている人たちの心も
悪魔のようなのだと思います


闇に光をあてる
タブーを明らかにする
真実を話していくことで、光がさします

未来が開けます




スポンサーサイト
2010.06.15 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aquarius33love.blog71.fc2.com/tb.php/213-1d952b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)