http://mainichi.jp/select/today/news/20100518k0000e040030...
2010年5月18日
交際していた妊娠中の女性に子宮収縮剤を点滴し流産させたとして、警視庁捜査1課と本所署は18日、東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)腫瘍(しゅよう)血液内科助教の医師で金沢大学付属病院に出向している小林達之助容疑者(36)=金沢市もりの里=を不同意堕胎容疑で逮捕した。捜査1課によると「知らない」と容疑を否認しているという。小林容疑者が医師の立場を利用して子宮収縮剤を入手したとみて追及する。

逮捕容疑は、09年1月上旬と中旬の2回、当時交際していた妊娠2カ月だった30代の女性看護師の自宅マンションで、体調不良を訴える女性に対し「良いビタミン剤がある」などとだまし、子宮収縮剤の錠剤を飲ませたり点滴をして流産させたとしている。捜査1課は、妻がいた小林容疑者が女性の妊娠を知り、無理やり流産させたとみて追及している。

女性は今年に入り「薬を飲まされて流産させられた」と本所署に被害届を提出した。捜査1課は、女性の自宅に残されていた錠剤や点滴パックの成分を分析するとともに、流産と薬剤投与の因果関係を捜査していた。

捜査1課は18日、金沢大付属病院や小林容疑者の自宅マンションなどを捜索し、事件の全容解明を進める。
捜査関係者などによると、小林容疑者は09年9月から金沢大付属病院に出向している。小林容疑者の自宅には18日早朝から数十人の報道陣が詰めかけた。小林容疑者は午前8時40分ごろ、乗用車で自宅を出たが、捜査員が同9時過ぎに停止させて任意同行を求め、石川県警金沢中署で取り調べをしていた。

慈恵医大病院は「報道で事実を知り驚いている。事実であれば大変遺憾。今後の捜査を見守りたい」とのコメントを出した。【神澤龍二、山本太一、内橋寿明】

【ことば】不同意堕胎罪
刑法215条で定められた女性本人の依頼や承諾を得ずに堕胎させる罪で、懲役6月以上7年以下の法定刑が科される。堕胎罪には他に▽女性が自ら薬を飲むなどして堕胎する「自己堕胎罪」▽女性から依頼を受けた「同意堕胎罪」--などがある。一方、母体保護法は身体や経済的理由など一定の条件を満たした場合、医師による人工中絶を認めており、不同意以外の堕胎罪は空文化しているとの指摘もある。


また点滴ですね
少し前には、看護士が
必要ない多量のインスリンを点滴に入れ
投与し、殺害未遂になった事件がありました
http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010032101000414.html




スポンサーサイト
2010.05.19 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aquarius33love.blog71.fc2.com/tb.php/182-9ecc0b8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)