26日に対中対話再開、1年3カ月ぶりダライ・ラマ14世特使
1月25日21時50分配信 時事通信

【ニューデリー時事】チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世のスポークスマンは25日
ダライ・ラマ14世の特使が26日に中国入りし、中断している同国との対話を同日再開すると発表した。対話は2008年11月初旬以来、ほぼ1年3カ月ぶり。

亡命先インド・ダラムサラの法王庁が出した声明では、特使はこれまで通りロディ・ギャリ氏とケルサン・ギャルツェン氏の2人で、来月初めに帰任する見通し。亡命政府のサンペル報道官によれば、対話は北京で行われる。再開は中国側が呼び掛けたという。

ダライ・ラマ14世と中国との対話は08年3月のラサ暴動後、特使と同国当局者の間で3度行われた。ダライ・ラマ14世側によれば、チベット人による自治拡大要求に対し、中国側が門前払いに等しい態度を取り、同年11月を最後に事実上決裂した。 



中国といえば、GNPはもうすぐ日本を抜き、アメリカに次ぐ勢いがあり

先日のハイチの震災時、震災翌日には現地へと向かい
迅速な人道的支援が行われた

グーグルの問題では、政府はいつまでもネット規制は出来ないと思う
真実を知った中国国民は、その時どう思うでしょう


中国は、世界のリーダーだと思います
良き選択をされることを祈って止みません




スポンサーサイト
2010.01.25 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aquarius33love.blog71.fc2.com/tb.php/160-e7fb152b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)