上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

1月6日

夜間、母は38度台の熱があったが
夜勤者が明け方、熱を測った後は・・・

日勤者に替わり、交代の挨拶のみで検温ナシ
AM10時半に、オムツ交換と体交

昼12時近くに熱を測ったら、38度あった
氷枕ナシ、ヒエピタをおでこに貼る

前日、私は念書にサインをしていた
一切の医療行為などについて、質問やお願いをしないと
こちらで全部やるからと、看護部長から言われていた

12時半、38,4°  脇にヒエピタ

午前中、血圧が100を切り
父に電話を入れ、病院に来てもらっていた

13時、父から看護士に
氷枕をお願いするよう話してもらった
氷枕を持って看護士があらわれる
この時、検温 38,6°



1月7日

夜間、39度台の熱
この日も同じ
夜勤者が明け方、熱を測り・・・

AM10時半、オムツ交換と体交のみ

昼12時に熱を測った時、38,2°あった
父もいて、氷枕についてお願いしたが止めておけといわれ
外に母の物を買いに出て、戻ると3時近かった
まだ夜間あてた水枕のままだった

PM3時に看護士が検温、38,4°
やっと氷枕に代わる


29日から母のそばに泊まり
熱があった時など、看護士にすぐ氷枕をお願いしていたが

ここの病院は夜間、発熱していて氷枕をしていても
日中、熱を測るのはPM3時頃のようだ


12月29日、午後1時頃
病院から電話があり、すぐに駆けつけ
Drから肺炎で危ないといわれた時も
病室の母のもとへ行き、1時間ほどして
日勤の看護士が、病室の各患者の熱を測り
その時の母の熱は、39,2°あり
氷枕などしていなくて、放置されているように感じ
そのことがこの病院に対して
初めて疑問を持つ、きっかけになったことだった

看護士の数がとても少ないと感じる
前の月に、入院した病院の(病室の数などは分からないが)
看護士の数は、半分から3分の1以下のように感じた

29日から7日までの間
一度も清拭や着替えが行われず
声をかけらることもなかった


清拭の件はまだいいとしても、検温や熱の件などについては
こういう病院は、少なくないのだろうか?




スポンサーサイト
2010.01.19 Tue l 未分類 l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.01.31 Sun l . l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://aquarius33love.blog71.fc2.com/tb.php/155-931ab48c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。