上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

人の不幸は、自分の不幸
自分の幸せは、人の幸せだととらえることが大切です。


先日、江原さんの”ことたま”を読んでいたら書いてあり
思わず手帳にメモしてしまいました。

明日から仕事です。
こういう思いで... 仕事に望みたいです。





スポンサーサイト
2008.10.28 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

日々いろいろなことが起きて・・・
その中で流されて生きている

あたたかい気持ちを見つめたい
そう思った


何のために生きているのかを考えると
私は神さまの愛を感じたい
神さまのお心を知りたい

凡人の私は考える
”愛”だと


あたたかい気持ち
これも”愛”だと思う
そんな時間を日々の中で持ちたい。




2008.10.27 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

犯罪では、麻薬や飲酒運転などは社会的にとても重い罪を受けます

人権侵害はどうでしょう?

日本では、人権について意識がとてもとても低いと思います
それは人として心がとても低いということに繋がり
・・・社会が低いことに繋がり
それはそのまま私たちに返ってきます

人は尊厳を奪われたら、生きていくことが出来なくなる時もあります
人の尊厳を奪った人は、人の命を奪うことと同じことになることもあり
人の命を奪うこととは、殺人です

人権の意識がめばえたら・・・
他の人を思いやることの出来る温かい、成熟した社会になると思います

今、いちばんたいせつなことは、人権について社会に発信していくことのように思います




2008.10.24 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

集団ストーカー被害者の掲示板へは
隣の住人の事について、時々書き込みを行っていた

私が外出する頃になると、帰って来ることがよくあり
隣の住人の家にいる時間帯が、とても変だということ

30代後半から40代前半の男性の一人暮らしだが
さっき帰宅・・・ 夜勤?
そしていつも夕方6時頃、出て行く
毎日、夜はいないし
毎日、夜勤という事になる
土日は、いつもいない

隣へ仕事に来ていると考えると・・・ ぴったり...

土日は休み
週に3日ぐらいだろうか?
出勤時間は、9時や10時・・・ 夕方の時もあるから基本的自由
勤務終了時間は・・・ 夕方、5時30か6時頃、隣の部屋を出て行く

この集合住宅を出た後、住宅街を北の方へ歩いていく
もしかしたら、近所にほんとうの家があるのかもしれない

そういえば以前、幼い子が2人
隣へ遊びに来ていた所を2度見かけた
一人暮らしの男性の所へは普通こない
自分の子どもたちで、やはり近所に家があると考えると・・・

私がここへ来て、5年ぐらい
その後だから・・・ 4年ぐらい前だろうか
引越しの挨拶に来たのは、30代ぐらいの女性だった
この男性の奥さん?
その後、その女性を見かけたことは、一度も無い

探偵・・・ 裏工作
ベランダのオブジェ・・・ 怪しまれないよう工作には力を入れている

私の家へ時々家宅侵入しているのは・・・

家宅侵入から盗聴・盗撮を行い
盗聴・盗撮から得た情報を、共有している人たちは
みな犯罪に・・・


集合住宅で、玄関が向かい合わせ
上の階には、人は住んでいない
ここは3階で、隣の家(玄関向かい)から私の家へ
入る姿を誰にも目撃されることはない




2008.10.23 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

先日、片付けをしていたら手紙が出てきました


・・・ 先日は、御本を送っていただきありがとうございました
私は今、マザー テレサを読み終えました

教えを説くだけの宗教家には、決してできないことを
あたりまえのように行っています

真の宗教家を見定めるのは、何を言うかではなく
何をするかではないかと思います

マザー テレサには、自然と頭が下がってしまいます ...


手紙にはその他、近況や夏の思い出
体を気づかって下さる温かい言葉など・・・

ほんとうに心に沁み入り、涙が流れました。




2008.10.16 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

その地域に、独特の異様な光景が見られることがある。

以前、働いていた職場の地域では、浮浪者のような人々がビールの空き缶を、自転車の後ろに山のように積んで走る光景が見られた。
すぐそばに川があり、そこでビニールテントを張り暮らしていた。
ビールの缶は、1個・数円になるようで、町中をサンタクロースのように自転車の後ろに空き缶を積み走る光景は異様だった。

今、私の住んでいる所からそれほど遠くない所の、比較的大きな公園で見られる異様な光景は、
公園の小川や池で、細い小さな竹に糸をたらして・・・
30代・40代の主婦を中心に大人たちが、子どもには目もくれずザリガニ取りに夢中になっている光景だ。

こちらは、ほのめかしのように感じていますが
この人たちは、悪魔に心を釣られて・・・
割りと感はいいほうです。

ご注意下さい。


http://www.jstage.jst.go.jp/article/cpijreports/3-4/0/120/_pdf




2008.10.13 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

他から・・・

探偵社の悪行に関するネット上の報告

最近、ネット上では探偵社が故意に人権を侵害して、精神的苦痛を与える被害が多数報告されています。 これらの報告の真偽を確かめて事実を明らかにすることは、探偵社を含む調査業界の信頼回復だけではなく、日本の治安回復の観点からも非常に重要であると考えられます。 
そこで、まずはモラルのある日本国民がこれらの被害の概要を理解し易いように、多数ある報告例を整理しましたので、ご参照下さい。

1.精神的苦痛を与える行為の目的
目的は主に次の項目に分類されるが、何れも社会秩序を無視し自己都合を優先させる利己的なものである。
  (1)営利目的 :リストラ代行・復讐代行・いましめ屋などの請負業 (秩序を乱す反社会的行動)
  (2)自衛目的 :探偵社自身に歯向かう者への攻撃 (利己的な虐待行為)
  (3)宣伝活動1:容疑が確定していない者のネット上での見せしめ (利己的な正義)
  (4)宣伝活動2:ネット上での架空の犯罪のでっち上げ  (名誉毀損)
  (5)暇つぶし :尾行や追い込みなどの練習、単なる興味本位 (嫌がらせ、いじめ)
  
2.精神的苦痛を与える行為の手口
 ①被害者(家族を含む)に対して直接精神的苦痛を与えるもの
  A1~A5の複数の手口を使用して、被害者に常に監視されていると意識させることで長期間に渡り精神的ストレスを与える陰湿な人権侵害行為

 ②被害者周辺の人間を利用して間接的に与えるもの
  B1~B2の手口のように同僚・友人・近所と言った被害者周辺の人間に対して、被害者の悪評を吹き込む、被害者が原因であると思わせるトラブルを引き起こすなどで、社会的に孤立や疎外されることを狙った計画的な人権侵害である。

 (A1)集団による過剰な尾行 (ストーカー行為)
 (A2)盗聴、盗撮、ハッキングによる監視行為  
 (A3)尾行・監視等を言葉によるほのめかし行為 (会話に混ぜる、ネット上への書き込み、噂を流す等)
 (A4)尾行・監視を動作によるほのめかし行為  (携帯で仲間に連絡するふり、デジカメで盗撮するふり等)
 (A5)バイク、自動車、ヘリ、セスナー等による威圧や、騒音・振動によるほのめかし行為

 (B1)被害者周辺への対人工作 (風評被害、孤立化)
 (B2)被害者を陥れるトラブルの自作自演 (社会からの疎外化)

被害者が孤独と精神的苦痛に苦しむ状況に耐えきれなくなり、自殺に至るケースも報告されている。

尚、ほのめかし行為とは、例えば尾行中に知り得た情報を被害者の近くでわざと会話に織り交ぜて聞かせることで、周囲には知られずに被害者にだけ尾行をしている事実を分からせて精神的な動揺をさそったり、抑圧するなどの行為である。

3.被害が公にならない理由
これらの被害はネット上では多数報告されているにも関わらず、公にはなっていない。 この理由は、次の通りである。

  (1)日本人の人権侵害に対する意識が低い
    ①人権侵害に対する法整備が不十分
    ②人権侵害が犯罪であるとの警察の意識が低く、捜査してくれない
    ③人権侵害が犯罪であるとの被害者周辺の意識が低く、公になり難い

  (2)調査業を規制する行政上の法律がない
    ①探偵社の業務内容に関する取り締まりがない
    ②現行法の範囲内で明らかに違法と判断されない巧妙な手口が使用されている (但し、社会的モラルには反している)

4.加害者の構成(推測)
精神的苦痛を与える行為の加害者の構成は、次の様に推測される。 
集団的ないじめが根ざす日本社会では人権侵害に対する意識が低く、深く考えず参加する者が多く存在していると思われる。   




2008.10.05 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

”韓国 ネット社会の闇 ”

韓国では一般市民から芸能人まで巻き込み、インターネット上での個人攻撃や中傷で自殺者が出るなどの事例が相次いだ2007年7月、関連法を改正し、掲示板に書き込んだ人物を特定できる「制限的本人確認制」インターネット実名制を導入したが・・・


*チェ・ジンシルさん 自宅で自殺  2008.10.
韓国タレント、チェ・ジンシルさんが2日の明け方、ソウル瑞草区(ソチョグ)にある自宅で、首を吊った状態で発見された。
警察関係者によると「チェ氏が自殺しているという通報を午前7時38分に受け、死亡事実を確認した。現在は現場検証中である」と語った。
今のところ遺書は発見されていないが、現在のところは自殺とみて調べを進めている。
アン・ジェファンさんの自殺と関連して、チェ・ジンシルさんに関する悪意のある噂が出回っており、ひどく悩んでいたという。

*2007年1~2月には、女性人気歌手とタレントが相次いで自殺。原因は特定されていないが、整形手術や家族に関する中傷など、膨大な悪意の書き込みが影響したとみられている。

*韓国の人気女優イ・ウンジュさんが自殺  2005.2
韓国の人気女優、イ・ウンジュさん(24)が、22日午後1時20分頃、京畿(キョンギ)道・城南(ソンナム)市・盆唐(プンダン)区のイ・ウンジュさんの自宅のマンションで、イ・ウンジュさんが移動式ハンガーにネクタイで首をつって死亡しているのを兄(28)が発見、警察に届けた。
ノート3枚に書かれたこの遺書には、「誰も恨みたくはなかった。一人で耐えようとしたのに…。1年前に戻りたい」、「仕事をしたかった。やらないのではなく、やれなくなったのに…。私じゃないのだから、この辛さが分かるわけがない」という内容が書かれていた。



ご冥福をお祈り致します




2008.10.04 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。