昨年、拳銃を使った事件が多かったですが、
その中に、拳銃立てこもり事件がありました。

この事件、犯人は確かお昼前に事件を起こし、
(拳銃を使い、同じ組織の暴力団員を一人殺害)
午後3時か4時頃には、自宅に立てこもっていたと思うのですが、
自宅アパートを警察が包囲し、そこに暴力団幹部が説得にあたる。。。

地域では大騒ぎです。 
近くの学校では、子どもたちを学校に待機させ、親と共に下校させる。

夕方の二ュース番組では2・3社が、
画面の一部をLIVEとして、自宅アパートをテレビのニュースで流し続ける。
夜の8時を過ぎても、警察かマスコミのヘリ5.6機が上空を旋回している。

人質もいないのに・・・

SATが明け方、自宅アパートに侵入、
拳銃を発砲し、犯人を捕まえて事件は解決した。

マスコミと警察と暴力団による、みごとな連携で、
この事件は大変な騒ぎとなり、地域住民の心に恐怖を残した。



小学校が比較的近くにあります。
もともとうちの集合住宅の前を、
朝の通学時、子どもたちはあまり通ることはありませんでした。

それでも昨年秋頃から、集合住宅の前を母親が2人立つようになりました。
毎朝、お母さんたち2人が立ち話です。
たまに通る子どもたちは、走って集合住宅前を通って行きます。

どんな噂が広がっているのでしょう。
これは嫌がらせだと感じます。


公園を散歩すると、子どもを持つ母親たちは、
ニヤニヤ笑ったり、高笑いをしています。


愚かだと思います。
このような事が、広がっていけば・・・
いずれ自分たちも被害者になる番が来ます。
子どもたちが大きくなった頃、社会は大変な事になっているでしょう。


でも警察も政府も対応しない。
今。

一般の人にも、どうする事も出来ないのかもしれません。

でも加害行動に、参加することは愚かです。

真実を伝えていく。
多くの人が、真実を伝えていく事で道は開けるように思います。




スポンサーサイト
2008.04.27 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

中国の人々による、フランスでのデモや非買運動。
それが世界各地でも、行われていると昨日ニュースで見ました。

同じ日mixiのコミュ内に、中国の一部知識人有志の人々の文書が載っていました。
有志の人々の声が、中国の人々や中国政府に届きますよう。

中国の一部知識人有志人々の安全と、チベットの人々の安全を願って。



以下、コミュからのコピペです。


中国政府に提出した中国の一部知識人有志の12の文書

1.中国の政府系メディアによる現在の一方的な宣伝のあり方は、民族の怨恨をあおり立て、情勢の緊張を高めることになり、国家統一という長期的な目標を擁護する上で非常に有害である。我々は、こうした宣伝をやめるよう呼びかける。

2.我々は、ダライ・ラマの平和的呼びかけを支持し、善意、平和、非暴力の原則に従って民族紛争の根本的原因を適切に処理することを希望する。我々は、罪のない一般民衆に対するあらゆる暴力行為を非難し、中国政府には暴力による鎮圧を停止するよう強く促すとともに、チベット族民衆にも暴力活動を行わないよう呼びかける。

3.中国政府は「これはダライ・ラマ一派が組織的かつ計画的に、入念に画策した事件だという十分な証拠がある」と主張しているが、その証拠を提示するよう希望する。また、国際社会のこれとは相反する見方や不信の念を改めるため、政府が国連人権理事会を招き、証拠や事件のプロセス、死傷者などについて独自の調査を行ってもらうよう提言する。

4.我々は、チベット地区の中国共産党指導者の言う「ダライ・ラマは袈裟をまとったオオカミ、人面獣心の悪魔だ」といった文革時代さながらの表現は、事態収拾の助けとならず、中国政府のイメージにマイナスとなると考える。国際社会にとけ込もうと努力している中国政府であれば、現代文明にふさわしい政治のあり方を示すべきだと考える。

5.ラサで暴動が起きたその日(3月14日)に、チベット自治区の責任者が「ダライ・ラマ一派が組織的かつ計画的に、入念に画策した事件であることを裏付ける十分な証拠がある」と公表したことに、我々は留意している。これは、チベット当局が暴動の発生を事前に予見していながら、事態の発生と拡大を効果的に食い止められなかったことを物語っている。そこに職務怠慢がなかったかどうかについて、厳しく調査して処分を行うべきである。

6.もし今回の事件が、組織的かつ計画的に、入念に画策されたものだと最終的に証明できなければ、今回起こされたのは「人民蜂起」だったことになる。人民蜂起が発生したことについて詳しく調査するとともに、虚偽の情報を捏造して中央と国民を欺いた責任者は真摯に反省し、この経験を総括して二度と同じ轍を踏むことがないようにすべきである。

7.我々は、チベット族民衆一人一人に踏み絵を踏ませたり、事態収拾後に報復したりすることがないよう、強く要求する。逮捕者の裁判は公開かつ公正で透明性のある司法プロセスにのっとって行い、真に各方面の納得を得られるものとしなければならない。

8.我々は、国内外の信頼あるメディアがチベット族居住地域で独自の取材・報道を行うことを中国政府が認めるよう強く促す。現在のように報道封鎖を敷いていては、国民や国際社会の信頼が得られるはずはなく、中国政府の信用を損なうことになると考える。政府が真相をつかんでいるのなら、どんなあら探しをされようとも恐れることはない。開放の姿勢をとらない限り、我が国政府に対する国際社会の不信を払拭することはできない。

9.我々は中国民衆および海外華人に対し、冷静さと寛容さを持ち、よく考えるよう呼びかける。過激なナショナリズムの姿勢は国際社会の反感を招くだけであり、中国の国際的イメージを損なうことになる。

10.1980年代のチベット動乱はラサに限られていたが、今回はチベット族の住む各地に広がっている。こうした状況の悪化は、チベット工作に重大な失敗があったことの表れである。関係部門は深く反省し、失敗に終わった民族政策を根本から改めなければならない。

11.今後同様の事件が起きることのないよう、政府は憲法に明記された宗教の自由および言論の自由の権利を遵守し、チベット族民衆が自らの不満や希望を十分に表明できるようにし、政府の民族政策について各民族の国民から自由な批判や提言が行われるようにすべきである。

12.我々は、なすべきことは民族的憎しみを解消し、民族の和解を実現することであり、民族間の分裂を継続・拡大することではないと考える。国家が領土の分裂を防ぐためには、何よりもまず民族間の分裂を防がなければならない。したがって、我々は国家の指導者がダライ・ラマと直接対話を行うよう呼びかける。漢族・チベット族両人民の間の誤解を取り除き、交流を広げ、団結を実現するよう希望する。政府部門であれ、民間組織であれ宗教人であれ、誰もがそのために努力すべきである。




2008.04.24 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

私は被害者の中でも被害が大きいので、他の被害者の人たちにお願いしても、
わたしの被害について、知っている事など語ってはくれません。

それは自分を守るためだったり、加害者と取引をしたからだと思っています。

被害者であっても、被害の大きい人は避けたい・・・
それでは、一般の人が被害者を避けたいと思ってもしょうがないでしょう。

避けるだけならまだいいけれど、いい話があると・・・
加害者や工作員に誘い込まれる。

悪いことをしても、わからない。
みんなやっているから・・・
お金が儲かる。
人生楽しく生きなくちゃ。

なんて言って悪いことをし、それを広げていく事が、
今、日本では流行っているようです。

欲望にかられ・・・ 今、得をしたように思っていても、
ほんとうは、とてもとても損な事。

日本はもともと仏教の思想が、
広く浸透しているので、輪廻転生も受け入れられています。

自分がやった悪い行いは、必ず自分に返って来ます。
この世界でそれが返ってこなくても、輪廻転生・・・
どこかで必ず、自分に返ります。

そしてそうした悪い心や行いは、魂に刻まれ傾向性として、
輪廻転生・・・ 生まれ変わっても、生まれ変わっても・・・
そういった悪しき心や行いが、出て来てしまいます。
悲しいですね。

永遠の転生、そんな生き方したいですか?


世のため人のためと、生きた偉人さんたち、
たとえ悲惨な最期だったとしても、そういった方々は天国で微笑んでいます。

私は集団ストーカーについて、伝えていきたいです。
それは、多くの人のためにもなると思っています。

神々や天使たちが、一緒にいてくていると信じています。
そしてそれは、素晴らしい人生だと思います。




2008.04.19 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

4月10日、ダライ・ラマ法王来日の際の記者会見です。 42分。
http://www1.ntv.co.jp/news/wmtram/news_dw.cgi?movie=080410075.cgi.300k.106998.html
気さくで温かく、慈愛に満ちた方だと感じました。

チベット自治地区で、自治が行われていないということ、
暴動についても、実際何が行われているのか、
調査をお願いしたいとお話されていました。
私も調査をし明らかにされれば、このチベットの問題がいちばん早く、
今よりいい状態になるように思いました。


そしてチベット仏教についてですが、よそからの抜粋です。

「不幸なことに、チベットは暗黒のなかに堕ちてしまった。僧院は閉鎖され、真理の探求者たちは収容所で強制労働を課せられている。

・・・そしてチベットには戦うための武器もなく、戦うための軍隊も有していない。それは彼らの念頭に決してよぎらなかった。内なる巡礼こそが彼らのすべてだったのだ。

人間の実存を発見するために、これほど集中的な努力が払われてきた場所はどこにもない。チベットでは、どの家族もその長男をどこかの僧院に送り出したものだ。彼はそこで瞑想し、目覚めの近くまで成長してゆく。少なくとも家族の一人が全身全霊を挙げ、1日24時間内なる実存に働きかけていることは、家族全員の喜びだった。彼らもまた働きかけてはいたが、食べ物や衣服や住処を作らなければならないので、すべての時間を捧げるわけにはゆかなかった。チベットではそれはむずかしいことだった。気候がとても厳しいので、チベットで暮らすのは並大抵のことではない。だがそれでもなお、どの家族もその長男を僧院に差し出したのだ。何百もの僧院があった.....これらの僧院は、たったひとつのこと――あなたを目覚めさせることに関心を寄せていた。

もし人間に少しでも気づきがあるならば、チベットは解放されるべきだ。それはこの2000年の時を、何もすることなく、瞑想のなかにより深く入ってゆくことに捧げてきた唯一の国なのだ。そしてそれは全世界が必要としている何かを教えることができる。

彼らは素朴な人々だ。彼らは自分自身を守ることができない。彼らは自分自身を守るものを何ももっていない。戦車もなければ、爆弾もないし、飛行機も、軍隊もない。2000年間、戦争を知ることなく暮らしてきた無垢な民族……チベットにたどり着くだけでも大仕事だ。彼らはまさに世界の屋根で暮らしている。最高峰の山々、万年雪が彼らの家だ。

私たちは世界は文明化したと考えているが、誰にも何の害も及ぼしていない無垢な人々が壊滅的な打撃を受けている。」



・・・中国は長い歴史があり、過去にたくさんの偉人さんがいた。
日本には、中華料理や漢字や多くの文化が入って来た。  
広い国土と10億人を越える人々・・・
経済の発展は、ものすごい。
これからは、世界のリーダーとなっていく・・・

多くを手放すことにより、多くを得るように感じてならない。
外にではなくて、内に求めれば・・・
もっと豊かに、みんなが幸せになれる・・・道がある。


日本は、戦後発展のみを求め、心ない偽りの社会になってしまった。


早く、東山さんの絵を見に行きたい。





2008.04.17 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

mixiに参加しています。
いくつかの支援のコミュにも参加しています。
そのコミュの中で、とても多くの書き込みが行われているところがありました。
頻繁に行われる書き込みを見て、熱いなーととても羨ましく感じました。
しばらくした後、そのコミュのコメントを読んでいると何かおかしいと感じました。
これはなんだろうと・・・

そしてその関連の日記の写真を見ていると、・・・ 
ほのめかせのようでびっくりしました。
加害者たちなのでしょう。 (もちろん一部の人だと思います)
支援をしつつ・・・?
被害者の情報を共有し、人権侵害もしている?
支援と人権侵害は反するものです。
普通、そんなことはありえない。

彼らは支援がしたかったのでは無く、
ただとこかにムーブメントの場が、ほしかっただけなのだと感じました。
表向きは支援をし、他の人を巻き込みマインドコントロールをし、
被害者の人権も侵害し、
そして、その先の目的はなんなのでしょう?

頭がいい、加害者たちのやりそうなことです。

サイコパス・・・ 良心の呵責無く平気で嘘をつき、人々を煽動している輩。

支援をすることは素晴らしいです。
水をさしたくはありませんが、あまりに酷い。
支援は真心からのもの・・・




2008.04.11 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

昨日の被害。

地元のパンとケーキの店で、サンドイッチとカレーパンを買った。
公園でゆっくり過ごして、そしてカレーパンを取り出すと、パンが半分近くつぶれていた。
確かに公園で横になったりしていたが、つぶした覚えはない。
さっきのパン屋、レジでの店員たちの会話が思い出された。
若いまだなれていない?店員が、サンドイッチと焼きたてのカレーパンを袋に入れる。
そこに隣でレジを打っていた店員が、
「サンドイッチと焼きたてのパンは一緒に・・・これくらいなら大丈夫ね。」
その時パンをつぶしたのだろうか?・・・

そして夕方、ドラえもんの映画を見て、
小腹がすいたのでマックに行って、チキンフィレと飲み物を注文した。
レジの後ろにいた店員が、出来立てのチキンフィレを包んでいる。
レジの店員が振り返り、その時二人の店員がクスッと笑った。   クスッ?
席につき、包みを開けると・・・
パンに、くっきりと2つ指の後がついていて少し割れていたほどだ。

同じ日に、同じような被害が2件。
とっても腹が立ち、もちろんこれは抗議しました。

今、チベットで起きている人権侵害、世界中で抗議運動が広がっています。

私に昨日起きた事は、つぶれたパンを店員に出された事。
人の口に入るものですが、たいした事ない?のかもしれません。

でもそうでしょうか?
集団ストーカーにあい、何が起きているのかわからず自殺してしまった人や、
職を失い生活が成り立たず、被害のストレスの中、絶望し自殺してしまった人・・・
どのぐらいの人が亡くなり、どのぐらいの人が今実際被害にあっているのでしょうか?
集団ストーカーの問題は、大変な問題だと思います。
世界中に被害者がいます。

チベットの人権侵害の問題では、
これからますます抗議の声が高まっていくでしょう。
世界中の人々がこの問題について考え、人権について考え・・・
人々の意識が、大きく変わる時なのかもしれません。
今回の中国で行われるオリンピックは、そういった意味もあるように感じます。

”集団ストーカー”、この人権侵害についても訴えていきましょう。

私は被害は大きく、国内・外まで広がっているようですが、
私自身に情報が入る事は全くありません。

人々が直ぐに被害者を認識するのは、
インターネットとかチェンメールとかで流れているからでしょうか?
知っている人は、どうかUPお願いします。

集団ストーカー人権侵害のbbsを立てました。
http://6309.teacup.com/michael77//bbs
自分の被害について、他の被害者の被害について、
知っている事など、書き込みをお願いします。

お願いします。 もう知らぬふりをするのは止めて下さい。

人権侵害の証拠を集めて、集団ストーカーについて訴えていきましょう。




2008.04.10 Thu l 未分類 l COM(8) TB(0) l top ▲